アナログレコードの復活!


アナログレコードの生産枚数は10年間で10倍に。


日本レコード協会の統計によると、2009年には10万枚ほどにまで減少していたアナログレコードの生産枚数が、2017年には約10倍の106万枚を超えたそうです。

 

豊かで暖かい音質や好きな音楽をジャケットと共に所有する喜びが、広い世代に支持されるようになってきたということでしょうか。

 

新譜をLPレコードで出すミュージシャンが増え、懐かしい往年の名盤も復刻されるようになってきました。また、2018年の初めにはソニー・ミュージック・エンタテインメントが約29年ぶりにレコードの生産を開始しました。

 

ウォークマンやiPodの登場で、音楽を気軽に持ち歩けるようになった便利さと引き換えに失われた、アナログレコードの世界が復活しつつあります。




「RECORD STORE DAY」と「レコードの日」


毎年4月の第3土曜日は「RECORD STORE DAY」。

 

2008年にレコードや音楽の楽しさを共有する祭典としてアメリカで始まりました。ポール・マッカートニーなどの呼びかけもあって世界各国へ広がり、若者がアナログレコードに興味を持つきっかけになったそうです。

 

日本では音楽パッケージを製造する会社の有志が集まって始めたイベント「レコードの日」が、2018年の11月3日で4年目を迎えるとのこと。2018年は第一弾発表の段階で既に115タイトルのリリースが決定しています。

 

ヘッドフォンで音楽を聴く世代の人たちがアナログの音を耳にして新鮮な驚きを味わい、ジャケットのアートワークにも興味を持つようになれば、これからさらに多くのアナログレコードが世に出ることになりそうです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



ION Audio (アイオン・オーディオ)Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

手軽なオールインワン・レコードプレーヤー

オーディオの世界は、良い音を求めようとするとお金がいくらあっても足りません。幸い最近はこれ1台あればアナログレコードが楽しめるというプレーヤーが発売されています。場所も取らないしヘッドフォンに繋いだり、パソコンにアナログレコードの音を取り込むこともできます。

 

実家の荷物を整理していたらレコードが大量に出てきたので、ぜひ古いレコードの音をを聴いてみたいという人もいるそうです。