1971年洋楽ロック 名盤10枚


私的ベストアルバムレビュー

「レッド・ツェッペリンIV」レッド・ツェッペリン

「レッド・ツェッペリンIV」レッド・ツェッペリン

LED ZEPPELIN IVLED ZEPPELIN

 

JIMMY PAGE - guitars

ROBERT PLANT - vocals

JOHN BONHAM - drums

JOHN PAUL JONES - bass

 

 

 

 

  1. BLACK DOG
  2. ROCK AND ROLL
  3. THE BATTLE OF EVERMORE
  4. STAIRWAY TO HEAVEN
  5. MISTY MOUNTAIN HOP
  6. FOUR STICKS
  7. GOING TO CALIFORNIA
  8. WHEN THE LEVEE BREAKS

 

1973年のマジソン・スクウェア・ガーデンでのライブを記録した映画「狂熱のライブ」で見るレッド・ツェッペリンは、ロックの醍醐味をたっぷりと堪能させてくれます。レス・ポールを低めに構えたジミー・ペイジのアクションや、高音でシャウトするロバート・プラントはスクリーンを見つめる僕たちを魅了しました。

 

「かっこいい」ことこそがロックの第一条件です。全11曲中の3曲は、71年に発表された彼らの4枚目のアルバムからの選曲ですが、オープニングの「ロックン・ロール」や、続く「ブラック・ドッグ」で一気に観客をステージに引き込んでいきます。

 

けっしてベストの演奏ではなかったかもしれませんが、レッド・ツェッペリンが眼の前にいて、レコードで聴いた曲を演奏してくれたらそれだけで幸せ、ということでしょう。

 

グループ名もタイトルさえも記されていないこのアルバムは、内容の充実ぶりからも彼らの自信がうかがえます。前作を酷評されて気合も入ったんでしょうが、スタンダード・ナンバーとなった名曲「天国への階段」では、静かなアコースティック・ギターのイントロからハードに盛り上がってまた静かに幕を引くエンディングへと、ただのハードロック・バンドじゃ終わらないよ、というところを見せてくれます。

 

伴奏なしのロバート・プラントのボーカルから始まるリズム感が絶妙な1曲目から、シンプルでハードな2曲目へと続いた時点でもう名盤の評価は定まったようなものですが、最後の1曲まで期待を裏切らない出来となっています。

 


「Sticky Fingers」THE ROLLING STONES

Sticky FingersTHE ROLLING STONES

ローリング・ストーンズ初期の傑作。「ブラウン・シュガー」が格好いいです。 アンディー・ウォーホル作のレコードのジャケットにはジッパーが付いていて、ちょっと卑猥な雰囲気の写真と共に話題になりました。


「Pearl」JANIS JOPLIN

PearlJANIS JOPLIN

ジミ・ヘンドリックスと同じく27歳でこの世を去ったジャニス・ジョプリン最後のアルバム。 彼女の死後発表されました。 有名な「ジャニスの祈り(Move Over)」ではハスキーと言うよりも嗄れた声が炸裂します。


「Electric Warrior」T.REX

Electric WarriorT.REX

グラムロックの王者、マーク・ボランが何ともいえない声で歌う「ゲット・イット・オン」は、今聴いても古びた感じがしない名曲。 テレビで耳にする機会も多いですね。 この人も30歳になる前に自動車事故で死んでしまいました。


「Chase」CHASE

ChaseCHASE

悲劇のブラスロック・バンド、チェイスのデビュー・アルバム。 ヒットした「黒い炎」では4本の鋭いトランペットがキンキン鳴って感性を刺激します。ボーカルもワイルドで、これくらいでないとブラス・セクションに対抗できません。


「Imagine」JOHN LENNON

ImagineJOHN LENNON

世紀の名曲「イマジン」を生んだ名盤。 エバー・グリーンという呼称は愛と平和を歌ったこの曲にこそ相応しいと思います。 ちょっと甘えた感じで言い訳をする「ジェラス・ガイ」もいい曲です。


「The Allman Brothers Band at Fillmode East」THE ALLMAN BROTHERS BAND

The Allman Brothers Band at Fillmore East

THE ALLMAN BROTHERS BAND

デュアンとグレッグのオールマン兄弟を中心に結成されたオールマン・ブラザーズ・バンドの傑作ライブ・アルバム。 スカイドッグことデュアン・オールマンのギターが最高。


「Who's Next」THE WHO

Who's NextTHE WHO

日本では過小評価されている?暴れん坊ザ・フーの傑作。 気分が高揚する1曲目の「ババ・オライリー」から完成度の高い楽曲が並んでます。 ドラムのキース・ムーンを筆頭に個性溢れるメンバーが生き生きしてますね。


「Fragile」YES

FragileYES

技巧派イエスにキーボードのリック・ウェイクマンが加入して、まさに鉄壁の布陣となりました。 ポップかつロックな雰囲気もある「ラウンドアバウト」のなんという格好良さ。ロジャー・ディーンのジャケットも素晴らしいです。


「Rough And Ready」JEFF BECK GROUP

Rough And ReadyJEFF BECK GROUP

第2期ジェフ・ベック・グループの黒っぽいと言うか大人っぽいアルバム。 ドラムのコージー・パウエルやキーボードのマックス・ミドルトンなど、この人は昔から腕利きをかき集めていつもやりたい事をやってます。


日本のヒット曲

  • 「空に太陽がある限り」 にしきのあきら
  • 「花嫁」 はしだのりひことクライマックス
  • 「また逢う日まで」 尾崎紀世彦
  • 「よこはま・たそがれ」 五木ひろし
  • 「あの素晴らしい愛をもう一度」 北山修&加藤和彦
  • 「青春の詩」 よしだたくろう
  • 「17才」 南沙織
  • 「虹と雪のバラード」 トワ・エ・モア
  • 「なのにあなたは京都へゆくの」 チエリッシュ
  • 「子連れ狼」 橋幸夫 

1971年の主な出来事

  • 4月 ミスタードーナッツ 箕面に1号店を開店
  • 5月 連続女性殺人事件 大久保清容疑者を逮捕
  • 6月 ネズミ講「天下一家の会」 強制捜査
  • 7月 東亜国内航空機 函館で墜落
  • 7月 自衛隊機と全日空機 雫石上空で衝突
  • 7月 マクドナルド 銀座に1号店を開店
  • 8月 ニクソン・ショック(ドル・ショック)
  • 12月 大映倒産
  • ベストセラー 「日本人とユダヤ人」イザヤ・ベンダサン


index