1976年洋楽ロック 名盤10枚


私的ベストアルバムレビュー 「幻想飛行」ボストン

「幻想飛行」ボストン

BOSTONBOSTON

TOM SCHOLZ - lead & rythm guitars, base, organ, clavinet & percussion

BRAD DELP - vocals & guitars

BARRY GOUDREAU - lead & rythm guitars

SIB HASHIAN - drums & percussion

FRAN SHEEHAN - bass

 

 

 

  1. MORE THAN A FEELING
  2. PEACE OF MIND
  3. FOREPLAY / LONG TIME
  4. ROCK & ROLL BAND
  5. SMOKIN'
  6. HITCH A RIDE
  7. SOMETHING ABOUT YOU
  8. LET ME TAKE YOU HOME TONIGHT 

 

爆発する惑星から飛び出してくる、都市をのせたギター型の巨大宇宙船を描いたジャケットは、最近のCGを見慣れた眼から見るとさすがにちょっと古臭く思えますが、どこまでも伸びてゆく高音のボーカルとギターが心地よいこのアルバムの内容にぴったりです。

 

この宇宙船は何年かに一度どこかの惑星に着陸してはまた飛び立つということを繰り返して、いまだに宇宙を飛び続けています。トム・シュルツが安住の地をもとめて自らの音楽世界に満足いくまでさまようのでしょうか、世紀を越えて発売された最新作「コーポレイト・アメリカ」では女性クルーを加えたものの、大きく変わろうとしない頑固さには恐れ入ります。

 

当時西海岸で活躍していたイーグルスやドゥービー・ブラザーズに対抗するように東海岸に颯爽と登場したボストンのファースト・アルバムは気持ちの良い名曲の数々にハイトーンのボーカルとコーラス、美しいギターの音色が見事にマッチして、大ヒットを記録しました。

 

続く「ドント・ルック・バック」以降もまったく同じ路線で一部に批判もあったようですが、今聴いても新鮮な「モア・ダン・ア・フィーリング」や「フォアプレイ / ロング・タイム」の輝きが失われるわけではありません。

 

ヒゲ面のブラッド・デルプから飛び出してくる美声には驚きましたが、曲自体はシンプルでも、緻密な音造りが聴き手を酔わせてくれる、そんな名盤です。 

 


「Silk Degrees」BOZ SCAGGS

Silk DegreesBOZ SCAGGS

「ハーバー・ライツ」「ロウ・ダウン」、バラードのスタンダードナンバーとなった「ウィー・アー・オール・アローン」など、名曲満載のミスターAOR、ボズ・スキャッグスのヒット作。 ロック小僧にとっては大人向けの音楽でした。


「Rocks」AEROSMITH

RocksAEROSMITH

緊張感溢れる1曲目の「バック・イン・ザ・サドル」は、スティーブン・タイラーのボーカルなくしては成立しませんね。タイトルからして自信に満ちたエアロスミス初期の名盤。 ソリッドなイメージのジャケットもカッコいいです。


「Wired」JEFF BECK

WiredJEFF BECK

「ブロウ・バイ・ブロウ」に続くロック・インストゥルメンタル第2弾。 ジャケットがもう素晴らしく格好良くて痺れますが、中身はさらに痺れる傑作です。 縦横無尽に駆け巡る天才ジェフ・ベックのギターが炸裂。


「Frampton Comes Alive!」PETER FRAMPTON

Frampton Comes Alive!PETER FRAMPTON

ハンブル・パイからソロになったピーター・フランプトンの大ヒット2枚組ライブアルバム。 ご覧の甘いマスクですが、ボーカルもギターも骨っぽいところがあります。 「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」には泣けてきます。


「Hotel California」EAGLES

Hotel CaliforniaEAGLES

ロックの時代の終わりに登場したイーグルスの集大成のような作品。 ジャケットも中身も胸がキュンとなるようなアルバムです。 タイトル曲始め、「ニュー・キッド・イン・タウン」「ウェイステッド・タイム」など名曲揃いです。


「Presense」LED ZEPPELIN

PresenseLED ZEPPELIN

オープニングナンバー「アキレス最後の戦い」は圧巻。 ジミー・ペイジの印象的なギターリフとジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズの強力なリズム隊が素晴らしいです。 力作ですが、そろそろ終わりが近づいてたんですね。 


「Destroyer」KISS

DestroyerKISS

サービス精神とロック魂の塊のようなキッスが、ジャケットに表れてますね。 派手なパフォーマンスだけではなく、実力のあるバンドでした。 このアルバムからは彼らの代表作「デトロイト・ロック・シティ」が生まれました。  


「Certified Live」DAVE MASON

Certified LiveDAVE MASON

何でもありのデイヴ・メイソンが、自作だけではなく好きな曲をリラックスしてプレイしてるのがいいですね。 味のあるボーカルと味のある顔、1曲目の「フィーリン・オールライト」からノリノリでいい気分。 ライブの名盤です。


「Little Queen」HEART

Little QueenHEART

 アンとナンシーの美人姉妹がロックをやる、これがいいんです。 初期のヒット曲「バラクーダ」収録。 その後80年代にアルバム「ハート」でブレイクを果たしますが、アン・ウィルソンのボーカルは凄まじいですね。


日本のヒット曲

  • 「昔の名前で出ています」 小林旭
  • 「春一番」 キャンディーズ
  • 「ビューティフル・サンデー」 田中星児
  • 「横須賀ストーリー」 山口百恵
  • 「嫁に来ないか」 新沼謙治
  • 「山口さんちのツトム君」 川端哲史
  • 「ペッパー警部」 ピンクレディー
  • 「S.O.S.」 ピンクレディー
  • 「失恋レストラン」 清水健太郎
  • 「デンセンマンの電線音頭」 伊東四朗&小松政夫

1976年の主な出来事

  • 1月 鹿児島で国内初の五つ子誕生
  • 1月 「コンコルド」初飛行 (ロンドンーパリ)
  • 2月 ロッキード事件 戦後最大の汚職事件
  • 7月 田中角栄前首相外為法違反で逮捕
  • 7月 モントリオールオリンピック開催 コマネチ登場
  • 9月 ソ連のミグ26が亡命 函館空港に強行着陸
  • 10月 山形県酒田市で大火災
  • 10月 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載開始
  • ベストセラー 「限りなく透明に近いブルー」村上龍

index