70年代洋楽ロック 名盤ベスト100


名曲と名盤の宝庫。70年代は洋楽ロック黄金時代!


ロックの黄金時代だった1970年代には数多くの名盤が生まれました。このサイトでは洋楽ロックの中から各年度ごとに10枚のアルバムを選び、計100枚をその年の主な出来事を要約した年表と、日本のヒット曲と共に紹介しています。

 

70年代に青春を過ごした皆さんは、誰もが忘れることのできない名曲や名盤を当時の思い出と共に胸にしまっていると思います。各年度の私的ベストアルバムにはレビューも添えてありますので、当時を思い出しながらお楽しみください。

 

洋楽ロックやポップスに興味のある若い世代の皆さんには、このサイトが宝の山のような70年代の音楽に触れるきっかけになればと思います。



各年度の私的ベストアルバム

それぞれの年度ごとに選んだ思い出深い私的ベストアルバムです。振り返ってみればちょっとミーハーなチョイスではありますが、今でも懐かしいアルバムばかりです。


70年「いとしのレイラ」デレク&ザ・ドミノス

71年「レッド・ツェッペリンIV」レッド・ツェッペリン

72年「マシン・ヘッド」ディープ・パープル

73年「狂気」ピンク・フロイド

74年「ストレート・シューター」バッド・カンパニー

75年「ギター殺人者の凱旋」ジェフ・ベック

76年「幻想飛行」ボストン

77年「ダウン・ツー・ゼン・レフト」ボズ・スキャッグス

78年「宇宙の騎士」TOTO

79年「コーナーストーン」スティクス


70年代洋楽ロックの名盤100枚を選ぶ楽しさ

リニューアルにあたり旧サイトで選んだアルバムと入れ替えたものもありますが、年度別に分けずに70年代の100枚、という事になればまた結果は違ってきたと思います。 楽しくもあり難しくもある作業でしたが、個人的な好みで選んだ100枚です。 


ページリニューアルのお知らせ

ここ数年復活の兆しを見せているアナログレコード(アナログレコードの復活!)や、見ているだけでも楽しかったレコードジャケットの世界(アルバムアートワークの巨匠たち)、1970年代の最盛期に向けて洋楽ロックが爆発した年となった1969年について(1969年の洋楽ロック)など、新しいページを追加しましたので、よろしかったらご覧下さい。


index

1970年洋楽ロックの名盤10枚 
デレク&ザ・ドミノス「いとしのレイラ」 ジョージ・ハリスン「オール・シングス・マスト・パス」など

1971年洋楽ロックの名盤10枚

レッド・ツェッペリン「レッド・ツェッペリンIV」 ザ・フー「フーズ・ネクスト」 イエス「こわれもの」など

1972年洋楽ロックの名盤10枚

ディープ・パープル「マシン・ヘッド」 ザ・ローリング・ストーンズ「メインストリートのならず者」など

1973年洋楽ロックの名盤10枚

ピンク・フロイド「狂気」 BBA「ライブ・イン・ジャパン」 リトル・フィート「ディキシー・チキン」など

1974年洋楽ロックの名盤10枚

バッド・カンパニー「ストレート・シューター」 レイナード・スキナード「セカンド・ヘルピング」など

1975年洋楽ロックの名盤10枚

ジェフ・ベック「ギター殺人者の凱旋」 イーグルス「呪われた夜」 ピンク・フロイド「炎」など

1976年洋楽ロックの名盤10枚

ボストン「幻想飛行」 ボズ・スキャッグス「シルク・ディグリーズ」 ジェフ・ベック「ワイアード」など

1977年洋楽ロックの名盤10枚

ボズ・スキャッグス「ダウン・ツー・ゼン・レフト」 フリートウッド・マック「噂」など

1978年洋楽ロックの名盤10枚

TOTO「宇宙の騎士」  シン・リジィ「ライブ・アンド・デンジャラス」など

1979年洋楽ロックの名盤10枚

スティクス「コーナーストーン」 エレクトリック・ライト・オーケストラ「ディスカバリー」など

Profile~あとがき

自己紹介。昭和のど真ん中に生まれたおかげで70年代の音楽もど真ん中、というお話です。

アナログレコードの復活!

最近復活のきざしを見せているアナログレコードについて。

アルバムアートワークの巨匠たち

レコードジャケットが芸術作品だった時代。代表的な作品をご紹介します。

1969年の洋楽ロック

数多くの名盤が生まれた記念すべき年について。

高音質CD特集

洋楽ロックの名盤をより良い音で楽しめるBlu-spec CDとSA-CD。

お問い合わせ

ご意見・ご感想などございましたら、こちらからどうぞ。





Marshall Amp